Category: オンラインカジノ必勝法

10%法(テンパーセント法)とは?オンラインカジノ必勝法

Published by on May 6, 2020
Categories: オンラインカジノ必勝法

もくじ ・10%法(テンパーセント法)とは? ・10%法(テンパーセント法)のメリットとデメリット ・10%法(テンパーセント法)の使い方 10%法(テンパーセント法)とは?オンラインカジノ必勝法 カジノ・オンラインカジノには様々な勝率を上げる攻略法があります。 その中でも、もっともメインに使われるのが、パーレー法やマーチンゲール法ですが、皆さんは10%法(テンパーセント法)の存在をご存じでしたか? テンパーセント法を知っているプレイヤーは多くはないと思いますが、実はテンパーセント法は勝っても負けてもメリットがある、ローリスクですが、ハイリターンの攻略法になっているんです。  とても魅力的に聞こえますよね。 それでは、テンパーセント法は一体何なのを説明していきたいと思います。 長く説明する程難しい攻略法では無いので、簡単にいうと説明をすると、名前通り 「資金の10%をベットするテクニック・攻略法」 となっています。 資金の10%をベットするということなので、例えば、手元にある残高が$100だった場合、$100のテンパーセントである$10をベットするということです。 10%で割り切れない場合は、繰り上げるか、繰り下げるか決めます。 テンパーセント法が使えるゲームは、勝率が高いゲームです。 配当2倍のゲームで使える攻略法と覚えておけば大丈夫だと思います。 配当が2倍のゲームと言えば、「バカラ」「ブラックジャック」「ルーレット(赤・黒賭け)」「シックボー」などのテーブルゲームになります。 10%法(テンパーセント法)のメリットとデメリット 10%法(テンパーセント法)はローリスク・ハイリターンの攻略法だと先ほど少しお話しましたが、もうすこしメリットが分かるように、解説していきたいと思います。 10%法(テンパーセント法)のメリットとは、資金の10%をベット額として賭けていくので、連勝すれば、するほど利益が上がっていきます。 そのため、ハイリターンな攻略法といわれています。 例:連勝の場合 資金 10%法 ベット額 収支 $100 10% $10 +$10 $110 10% $11 +$11 $121 10% $12 +$12 $133 10% $13 +$13 $146 10% $14 +$14 10%法(テンパーセント法)のもう一つのメリットは、もし負けた場合ベット額が1資金の10%だけなので、大きな損失額が出ることを防ぐことが出来ます。 もし、連敗している場合も損失額を抑えられるので、ローリスクな攻略法といわれているんです。 連勝にも連敗にも強くて、資金の管理がしやすい攻略法ををお探しの方は、この10%法(テンパーセント法)をお勧めいたします! でも、メリットがあるなら、デメリットもあるんでは? 10%法の最大デメリットは、勝敗が頻繁に変わったり、交互になっている結果の場合10%法は不利ということです。  この攻略法は10%しか賭けない、テクニックなため、もし勝敗が五分五分だった場合、利益を大きくするのにも時間が掛かりますし、資金が少しずつ減っていく可能性も大きいです。  なので、もし勝敗が交互になっている場合、もしくは五分五分の場合タイミングをみてすぐに切り上げることが、大きな損害が出ないようにする一番のポイントです。  10%法(テンパーセント法)の使い方 10%法(テンパーセント法)の使い方はとても簡単です。  資金の10%をベット額として賭けていくだけです。 […]

モンテカルロ法とは?オンラインカジノ必勝法

Published by on May 6, 2020
Categories: オンラインカジノ必勝法

もくじ ・モンテカルロ法とは? ・モンテカルロ法の使い方 ・モンテカルロ法のメリットとデメリット モンテカルロ法とは?オンラインカジノ必勝法 モンテカルロ法とは、ランドカジノでもオンラインカジノでも有名な勝率を上げる攻略法となっています。 モンテカルロ法と名付けられたのは、モナコにあるモンテカルロのカジノを破産させた攻略法という噂からなずけられた攻略法となっています。 モンテカルロは「1,2,3」の数字から始める攻略法となっており、両端の数字を足した金額をベット額として賭けるという攻略法になっています。 勝ったら、両端の数字を1桁消して、残りが1桁になればモンテカルロ法完了になるので、リセットします。  正直モンテカルロ法は、他に存在する攻略法と違い、記憶力も必要となるので頭の中で計算するのは難しいので、モンテカルロ法を使うとなると、メモとペンが必要になってきます。 そして、モンテカルロ法は書いて消して書いて消しての繰り返し作業なので、結構地味な攻略法となっています。モンテカルロ法を完全に覚えていないと、計算もややこしくなって最終的失敗する可能性もあります。  ですが、モンテカルロ法の使い方をちゃんと覚えた上で実行をして、うまく行けば必ず利益を出すことができると言われている有名な攻略法なので、試してみるのもいいかと思います。 モンテカルロ法が使えるゲームの種類は、配当が2倍のゲーム(バカラ、ブラックジャック、ルーレット赤・黒・奇数偶数)または、配当が3倍のゲーム(ルーレットのダズンベットやコラムベット)です。 モンテカルロ法を実際に使ってプレイしたことがある多くのプレイヤーは、配当が2倍のゲームより、配当が3倍のゲームの法がモンテカルロ法は成功するという評判があります。 実際に配当2倍と配当3倍のゲームでモンテカルロ法を使った場合の例えを後ほど紹介していきたいと思います。 モンテカルロ法の使い方 先ほど簡単に、モンテカルロ法とはどんな攻略法なのかを説明しましたが、モンテカルロ法は他の攻略法とは違い、少し複雑なストラテジープランになっている為、詳しく解説していきたいと思います。 モンテカルロ法のスタートは必ず「1,2,3」の数字から始まります。 ルーレットの赤・黒(2倍配当)でモンテカルロ法を実行した場合を例とします。 ステップ1:モンテカルロ法を使ってプレイするゲームを決めます。 ルーレットの赤・黒(2倍配当)でモンテカルロ法を実行した場合を例とします。 ステップ2:用意した紙に「1,2,3」と書きます。 モンテカルロ法でのベット額は両端の数字を足したものとなるので、「1,2,3」ですと「1+3=4」なので、$4をベットしてゲームをスタートします。 ※勝った場合、両端の数字を1桁消します。 ※配当2倍だと、両端1桁消します。 ※配当3倍だと、両端2桁消します。 ステップ4:負けた場合、ベットしていた額を右側に追加します。 例:「1,2,3」ベット額=$4で、$4負けたので紙に「1,2,3,4」という感じに4を追加。 次のベット額は両端の数字1+4を足して、$5ベット額としてゲームを続ける ステップ5:勝った場合、両端の数字を消して、残った両端の数字を足した金額をベット額として再び賭ける。 例:「1,2,3,4」両端1桁消して、残っている両端を足す「2+3=5」$5をベット。 ステップ6:再び勝った場合、同じく両端を消して、残った両端の数字を足した金額をベット額として次のゲームでベットします。 例:「1,2,3,4」全ての数字が消えたら、「1,2,3」からまた始めます。 モンテカルロ法は、これの繰り返しです。  以下10回プレイした場合のサンプル表ですので、是非参考としてご覧ください。 配当2倍の例: 回 モンテカルロ法 ベット額 勝敗 利益 1 1,2,3(1+3=4) $4 負け -$4 2 1,2,3,4(1+4=5) $5 勝ち +$1 3 1,2,3,4(2+3=5) $5 勝ち +$6 […]

グランマーチンゲール法とは?オンラインカジノ必勝法

Published by on May 6, 2020
Categories: オンラインカジノ必勝法

もくじ ・グランマーチンゲール法とは? ・グランマーチンゲール法の使い方 ・グランマーチンゲール法のメリットとデメリット グランマーチンゲール法とは?オンラインカジノ必勝法 グランマーチンゲール法は、マーチンゲール法が変形してより攻撃的になったバージョンの攻略法と言われています。 グランマーチンゲール法は勝率50%の配当2倍のゲームです。  (バカラ・ブラックジャック・ルーレットの黒/赤・ルーレットの奇数・偶数) マーチンゲール法を知らない方の為に少し、マーチンゲール法はどんな攻略法なのかを説明したいと思います。 マーチンゲール法とは、負けているときに、ベット額を倍にしていって勝った時に一気に損失額を取り戻せるようにする攻略法となっています。 例: 回 ベット額 勝敗 損益 1 $1 負け -$1 2 $2 負け -$3 3 $4 負け -$7 4 $8 勝ち +$1 5 $1 勝ち +$2 上記の表のように、連敗している時にマーチンゲール法を使うと、勝った時一気に損益を利益に変えることができます。  一気に利益に変えることが出来るかは、もちろんその連敗の数は損失額にもよりますが、固定ベット額で賭けているより早く損失額を取り戻せることが出来るのは確かです。 それでは、マーチンゲール法が変形した版と言われている、グランマーチンゲール法はどのように使えるのかを解説させていただきます。 マーチンゲール法では、負ける度にベット額を倍にして次のゲームで賭ける仕組みになっていますが、 グランマーチンゲル用は2倍にした金額に+αを追加します。 +αの金額は通常最初にベットした金額に設定しますが、他の金額を自分で設定していくのも可能です。  分かりやすいように+αを1単位にします。  以下グランマーチンゲール法のシミュレーションになりますので、ぜひご覧ください。 回 ベット額 勝敗 損益 1 $1 負け -$1 2 $3(1×2+α=3) 負け -$4 3 […]

イーストコーストプログレッションとは?オンラインカジノ必勝法

Published by on May 6, 2020
Categories: オンラインカジノ必勝法

もくじ ・イーストコーストプログレッションとは? ・イーストコーストプログレッションの使い方 ・イーストコーストプログレッションのメリットとデメリット イーストコーストプログレッションとは?オンラインカジノ必勝法 ギャンブルにおける必勝法または攻略法は20種類以上存在します。 損失額をなるべく抑えるために存在する攻略法や、連勝している時にベット額を倍にして、より利益を上げる攻略法、 その他損失額をなるべく早く取り戻せるようにする攻略法など様々なタイプがあり、それぞれ特徴があります。 イーストコーストプログレッションは、連敗しているとき可能な限り損失額を抑え、連勝しているときには、ベット額を増やしていくことによって、より利益を上げる効果がある攻略法となっています。  イーストコーストプログレッションが使えるゲームの種類は勝率が50%で配当2倍のゲームになるので、対象ゲームは「バカラ」・「ブラックジャック」・「ルーレット(赤・黒)」・「ルーレット(奇数・偶数)」・「シックボー」になります。 また、イーストコーストプログレッションが使えるのは、2連勝してからとなっています。 この攻略法の基本ルールは、前回のベット額の50%を足した金額をつののゲームでベットする金額にします。 なので、もし$10をベットして勝った場合、$20払い戻しされて利益は$10になります。 次のゲームでも最初のベット額と同じく$10をベットして、再び勝った場合、$20払い戻しされて、利益は+$20になります。 2連勝したので、ここからがイーストコーストプログレッションの出番です。 3回目のゲームで賭ける金額は、2回目のゲームでベットした金額($10)プラス2回目と1回目のゲームで獲得して利益($10+$10=$20)です。 なので3回目ののゲームに賭けるベット額は$30になります。 3回目のゲームでも勝ったら、$30ベットしていたので、払い戻しは$60となり、利益は+$30です。 ※3回目のゲームで勝った時のポイント※ 3回目のゲームで勝ったら、利益の半分(50%)をキープします。 残りの金額を次のベット額に上乗せするので、この場合は$30の50%キープ=$15キープして残りの$15は4回目のゲームのベット額にする。 4回目のベット額は、3回目のベット額だった$30+3回目のゲームで書くときした$30の半分$15なので$45が4回目のベット額となります。 4回目のゲームでも勝つことが出来たら、$45賭けていたので、払い戻しは$90です。利益は+45になり、$45の半分を再びキープします。  ($45の50%=$22.5なので、$22に切り下げます) 5回目のゲームで賭ける金額は、4回目のベット額$45+$22=$67で$67が次のベット額となります。 5回目のゲームで負けた場合、またベット額を$10に設定して繰り返せばいいだけです。 イーストコーストプログレッションの使い方 イーストコーストプログレッションを実際に使ってルーレット(赤・黒)をプレイしてみた結果を以下画像付きで解説していきたいと思います。 ルーレット 1回目のゲーム ベット額:$1 勝敗:負け 払い戻し:$0 利益:-$1 次のベット額:$1 2回目のゲーム ベット額:$1 勝敗:勝ち 払い戻し:$2 利益:$0 次のベット額:$1 3回目のゲーム ベット額:$1 勝敗:負け 払い戻し:$0 利益:‐$1 次のベット額:$1 4回目のゲーム ベット額:$1 勝敗:負け 払い戻し:$0 利益:‐$2 次のベット額:$1 5回目のゲーム ベット額:$1 勝敗:負け 払い戻し:$0 […]

グッドマン法とは?オンラインカジノ必勝法

Published by on May 6, 2020
Categories: オンラインカジノ必勝法

もくじ ・グッドマン法とは? ・グッドマン法の使い方 ・グッドマン法のメリットとデメリット グッドマン法とは?オンラインカジノ必勝法 グッドマン法とは、勝っているとき利益をさらに上げるための攻略法となっています。  グッドマン法には別名があり、「1235法」とも呼ばれています。 勝っている時に使えるバーレー法とは少し違い、ベット額が1,2,3,5と固定しているがポイントです。  1,2,3,5の数字を超えないことにより、連勝にも連敗にも強い攻略法ともいわれています。 簡単に言えば、リスクが低い攻略法です。  グッドマン法が使えるゲームの種類は、勝率50%の配当2倍のゲームです。 ということは、対象ゲームは「バカラ」、「ブラックジャック」、「ルーレット(赤・黒」」「ルーレット(奇数・偶数)」や「シックボー」です。 グッドマン法は別名の「1235法」と覚えたほうが、分かりやすいかもしれません。 というのも、グッドマン法はルールとして「1→2→3→5」を」ベット額としていくからです。  $1のベットから始め、ゲームに勝てば次の数字の$2を賭けます。 また勝てば、次の数字$3を賭けてプレイし続けて、3連勝したら残りの$5を賭けます。  4連勝後、まだ勝っている場合は負けるまで$5を賭けていきますので、7連勝だとしたら「$1→$2→$3→$5→$5→$5→$5」という感じになります。 グッドマン法を使っている最中に負けてしまったら、リセットしてまた$1に戻ります。  その繰り返しなので、とてもシンプルで覚えやすい攻略法となっていて、連勝している時はハイリターンで、連敗している時は$1しか賭けていないので、損失額を抑えることが出来るのが、この攻略法の魅力になっているかと思います。 グッドマン法の使い方 グッドマン法の使い方は先ほど説明した通り、すごく簡単になっています。 以下を覚えておけば、使いこなせる攻略法です! 勝ち:「$1→$2→$3→$5」 連勝中:一度でも負けると$1に戻る 連敗:ずっと$1をベット額とする それでは、実際グッドマン法をバカラで試してみたので、結果を是非ご覧ください。  バカラ|Baccarat 資金は$1,000で、グッドマン法を使うので、ベッド額は$1からに設定します。 今回はずっとプレイヤーに賭けてみた結果になります。 1回目のゲーム 勝敗:勝ち  ベット額:$1 払い戻し:$2 資金:$1,001 2回目のゲーム 勝敗::勝ち  ベット額:$2 払い戻し:$4 資金:$1,003 3回目のゲーム 勝敗:引き分け  ベット額:$3 払い戻し:$3 資金:$1,003 4回目のゲーム 勝敗:負け  ベット額:$3 払い戻し:$0 資金:$1,000 5回目のゲーム 勝敗:勝ち  ベット額:$1 払い戻し:$2 資金:$1,001 6回目のゲーム […]

ウィナーズ投資法とは?オンラインカジノ必勝法

Published by on May 6, 2020
Categories: オンラインカジノ必勝法

もくじ ・ウィナーズ投資法とは? ・ウィナーズ投資法の使い方 ・ウィナーズ投資法のメリットとデメリット ウィナーズ投資法とは?オンラインカジノ必勝法 ウィナーズ投資法とは、モンテカルロ法と少し似ている攻略法になっています。 モンテカルロ法、ココモ法やマーチンゲール法と同じで、ウィナーズ投資法は連敗している時に使う攻略法です。  そんなウィナーズ投資法が対象となるゲームは、該当2倍のゲームですので、「バカラ」、「ブラックジャック」、「ルーレット(赤・黒)」、「ルーレット(奇数・偶数)」と「シックボー」です。 ウィナーズ投資法の仕組みをですが、モンテカルロ法に似ていて、この攻略法を実行するにはメモに書いていくのがベストです。  モンテカルロ法は「1,2,3」から始め、両端の数字を足したものがベット額になります。 そして、負けた場合、ベット額を右端に追加して、再び次のゲームで賭けるベット額を両端の数字を足し計算していく流れとなっています。  ウィナーズ投資法は、2連敗してから使える攻略法となっています。 なので、ウィナーズ投資法の出番は3ゲーム目からになるということです。  $1をベット額として始める場合、紙に「1、1」と2連敗している場合紙に書きます。 3ゲーム目のベット額は左端の数字×2で計算するので、$1の場合は$2がベット額になります。 もし、3回目のゲームでまた負けてしまった場合、ベットしていた額を左端に追加しますので、「1,1,2」になります。 4回目のゲームのベット額は、また左端の数字×2なので、また$2がベット額になります。 4回目のゲームで勝った場合、左端の数字を1桁消しますので、「1,1,2」になります。  全ての数字が消えたら、ウィナーズ投資法が完了します。 マーチンゲール法とは違い、ベット額の増大が穏やかなので、資金が少ない!という方も活用いただける攻略法になっています。 ウィナーズ投資法の使い方 それでは、早速ウィナーズ投資法を使って実際プレイしてみた結果をご覧ください。 ブラックジャック|Blackjack ベット額は$1から始めてみました。 1回目のゲームはバーストで負けたので、損失額は‐$1です。 2回目のゲームもディーラに負け、損失額は‐$2です。 2連敗したので、ここからウィナーズ投資法を開始します。 1X 2なので、$2をベット額としてプレイします。 1 1 3回目のゲームはディーラーがブラックジャックになった為、自動的負けです。 損失額は‐$3です。 $2ベットして負けたので、左端に2を追加します。 次のベット額は左端の数字×2なので、再び$2ベットします。 1 1 2 4回目のゲームもディーラーに負けです。 この時点での損失額は‐$5です。 負けたので、左端にベットした金額を追加します。 次のベット額が1×2で再び$2です。 1 1 2 2 5回目のゲームでやっとディーラーに勝ちました。 $4戻ってきたので、損失額は‐$1です。 勝ったら、左端の数字を1桁消します。 消した後の左端の数字は1なので、1×2で、次のベット額は再び$2となります。 1 1 2 2 6回目のゲームは引き分けなので、記録には残さず、前回のベット額と同じ$2をかけます。  […]

ココモ法とは?オンラインカジノ必勝法

Published by on May 6, 2020
Categories: オンラインカジノ必勝法

もくじ ・ココモ法とは? ・ココモ法の使い方 ・ココモ法のメリットとデメリット ココモ法とは?オンラインカジノ必勝法 ランドカジノまたは、オンラインカジノで連敗すると、損失額だけは何とか取り戻そうとするのが、ギャンブラーの性です。  ですが、大きな損失額が出てしまっている場合、何かしらの攻略がないと損失額を取り戻すには時間が掛かりますし、取り戻せない確率も上がります。 そんな時出番が来るのが、このココモ法です。 ココモ法とは、マーチンゲール法の変形だとも言われている攻略法になっています。 マーチンゲール法が何か知らない方のために、マーチンゲール法は一体どんな攻略法なのからを簡単に説明します。 マーチンゲール法とは、負けている時(連敗)に、賭け金を倍にして勝ったとき一気に利益を上げるという攻略法になっています。  例: 回 ベット額 勝敗 損益 1 $1 負け -$1 2 $2 勝ち $1 3 $1 負け $0 4 $2 負け -$2 5 $4 負け -$6 6 $8 負け -$14 7 $16 負け -$30 8 $32 負け -$62 9 $64 勝ち $2 10 $1 勝ち […]

ハーフストップ法とは?オンラインカジノ必勝法

Published by on May 6, 2020
Categories: オンラインカジノ必勝法

もくじ ・ハーフストップ法とは? ・ハーフストップ法のメリットとデメリット ・ハーフストップ法の使い方 ハーフストップ法とは?オンラインカジノ必勝法 ランドやオンラインカジノだけではなくて、全てのギャンブルは遊んでいて、いつストップすればいいかというタイミングを決めることは、すごく悩みどころでもありますし、難しいです。 そんな時使えるのが、この攻略法「ハーフストップ法」です。 ハーフストップ法とは、最大利益を達成した後に、利益の半分を失った時ゲームをストップする攻略法となっています。 簡単に言えば、設けた利益の半分で賭けを止めるということです。 ギャンブルで勝っている時って、「まだ勝てる!」「もっと利益を上げたいから、少し負けてもまだゲームを続行する!」という考えで、勝っていたのに、連敗してせっかく儲けた利益と資金まで全て失ったことがある人って結構いると思います。  ギャンブラーなら、一度は経験したことがあることだと思います。 勝つと熱くなりすぎて、自己コントロールが出来なくることがあるので、勝っている時、ゲームを切り上げるタイミングが分からない方は是非このハーフストップ法を使ってみてください。 ハーフストップ法のメリットとデメリット ハーフストップ法のメリットは、まず必ず利益を確保できることです。 ハーフストップは目標の利益額を達成した後に開始する攻略法となっているので、ゲームを続行してもし負けてしまい、利益額の半分失ったときにゲームをストップするテクニックですので、最大利益額より5割減ってしまいましたが、利益の半分は必ず残るので、損はしないのです。 また、ハーフストップ法は他の攻略法と違い配当2倍のゲームでしか使えないというのは無く、全てのゲームがハーフストップ法の対象となっているため、好きなゲーム全てで使えるようになっています! そして、ギャンブルで一番重要なこと、自己コントロールです。 ちゃんとルールを守らないとハーフストップ法は成功しません。 なので、最初は難しくても、慣れていけば自己コントロールも出来るようになり、プレイヤー自身のメリットになります。 ハーフストップ法のデメリットは、まず目標の利益額を達成しないと、使える出番はありません。 例えば、目標利益額を$100に設定します。 ですが遊んでいても、なかなか$100の利益にたどり着くことが出来ず、逆に資金を失ってしまうと、ハーフストップ法が使える展開はありません。 そんな時は、ハーフストップ法を使うため、最初は利益を上げる攻略法(パーレー法など)っを使って、目標利益額に到着してら、攻略法として、ハーフストップ法を追加するというのもいいと思います。 色々自分で工夫されることをお勧めします! ハーフストップ法の次のデメリットは、最高利益の半分を失うということだと思います。 これはギャンブルをするのに、つきものなので仕方ないと思います。 ハーフストップ法を使うことで、半分の利益しか失わずに済んだと考えるのがいいでしょう。 そして、ハーフストップ法は基本「最高利益額の半分失ったら、止める!!」という強い意思がないといけません。  熱くなりやすいプレイヤーにとっては、とても難しいことだと思います。 「あともう少し遊べば、また最高利益額になるかも!」などと思い、ついハーフストップ法のルールを破ってしまうプレイヤーもいると思います。 もしそれで、最高利益額を再び達成することができれば、とてもラッキーですがカジノはプレイ時間が長ければ長いほど資金が無くなっていくとも言われているので、ハーフストップ法を使うなら、必ずルールは守って遊ぶようにしてください。 ハーフストップ法の使い方 ハーフストップ法の使い方はとても簡単です。 ステップ1:目標の利益額を決める。 例:$400 ステップ2:ベットするゲームを決める。 例:ルーレット ステップ3:目標の利益額になるまでベットする。 例: 回 資金 ベット額 勝敗 利益 1 $100 $50 勝ち $50 2 $150 $50 勝ち $100 3 $200 […]

マーチンゲール法とは?オンラインカジノ必勝法

Published by on May 6, 2020
Categories: オンラインカジノ必勝法

もくじ ・マーチンゲール法とは? ・マーチンゲール法の使い方 ・マーチンゲール法のメリットとデメリット マーチンゲール法とは?オンラインカジノ必勝法 ランドカジノ・オンラインカジノだけではなく、FXでも使われる攻略法で、理論上必ず勝てると言われているがマーチンゲール法です。 マーチンゲール法は一体どんな攻略法で、なぜ理論上必ず勝てると言われているのかを解説していきたいと思います。 まず、マーチンゲール法というのは、負けている時に使う攻略法となっています。 負ける度にベット額を倍にしていくというテクニックです。 これだけの説明だと「え???」ってなりますよね。 負けたらベット額を倍にしていくことが、攻略法となっているのは何故かというと連敗していても、ベット額を賭ける度倍にしていると、勝った時払い戻しされる金額が大きくなるため、一気に利益がプラスになるか、損失額を取り戻すことが出来るためです。 そんなマーチンゲール法を実行できるカジノゲームは、勝率50%、配当が2倍のゲームになります。 なので、対象ゲームは「バカラ」・「ブラックジャック」・「ルーレット(赤・黒または奇数・偶数)」・「シックボー(大小)」です。 必ず勝てると言われていますが、ギャンブルに必ず勝てる必勝法または攻略法など存在しないと思っています。  なので、100%勝てる方法という理解ではなく、「勝率を上げる」攻略法だという風に理解をしたほうがいいと思います。 マーチンゲールは負けている時に使える攻略法なので、勝っている時には使えない攻略法です。 勝っている時も勝率を上げる攻略法を使われたい場合、マーチンゲール法の逆と言われているパーレー法が使えます。 パーレー法は攻めテクニックで、勝っているときのベット額を2倍にしてベットして、さらに利益を上げれる攻略法となっています。 攻略法は1種類しか使えないというルールは無いので、自分で工夫して負けているとき使える攻略法と、勝っているとき使える攻略法など、有利になる攻略法を使いまわしていくのも悪くないと思います。 マーチンゲール法の使い方 マーチンゲール法の使い方は、先ほど少し説明したとおり、負けているときベット額を倍にしてベットをしていきます。  実際ゲームでマーチンゲール法を使った場合の流れを解説していきたいと思います。 ステップ1: ベットするゲームの種類を決める ステップ2: 決まったら、ベット額を設定してゲームを開始 (マーチンゲール法は通常$1からベットするのが一般的ですが、いくらから始めるかはプレイするテーブルのMAZベット額を確認して、決められると思います) 例:ブラックジャック 【配当2倍のブラックジャックを$100の資金からプレイ】 回 ベット額 勝敗 資金 1 $5 勝ち $100 2 $5 勝ち $110 3 $5 負け $105 4 $10 負け $100 5 $20 負け -$80 6 $40 負け -$20 […]