10%法(テンパーセント法)とは?オンラインカジノ必勝法

Published by on May 6, 2020
Categories: オンラインカジノ必勝法

もくじ

10%法(テンパーセント法)とは?

10%法(テンパーセント法)のメリットとデメリット

10%法(テンパーセント法)の使い方

10%法(テンパーセント法)とは?オンラインカジノ必勝法

10% method

カジノ・オンラインカジノには様々な勝率を上げる攻略法があります。

その中でも、もっともメインに使われるのが、パーレー法やマーチンゲール法ですが、皆さんは10%法(テンパーセント法)の存在をご存じでしたか?

テンパーセント法を知っているプレイヤーは多くはないと思いますが、実はテンパーセント法は勝っても負けてもメリットがある、ローリスクですが、ハイリターンの攻略法になっているんです。 

とても魅力的に聞こえますよね。

それでは、テンパーセント法は一体何なのを説明していきたいと思います。

長く説明する程難しい攻略法では無いので、簡単にいうと説明をすると、名前通り

「資金の10%をベットするテクニック・攻略法」

となっています。

資金の10%をベットするということなので、例えば、手元にある残高が$100だった場合、$100のテンパーセントである$10をベットするということです。 10%で割り切れない場合は、繰り上げるか、繰り下げるか決めます。

テンパーセント法が使えるゲームは、勝率が高いゲームです。

配当2倍のゲームで使える攻略法と覚えておけば大丈夫だと思います。

配当が2倍のゲームと言えば、「バカラ」「ブラックジャック」「ルーレット(赤・黒賭け)」「シックボー」などのテーブルゲームになります。

10%法(テンパーセント法)のメリットとデメリット

10% method

10%法(テンパーセント法)はローリスク・ハイリターンの攻略法だと先ほど少しお話しましたが、もうすこしメリットが分かるように、解説していきたいと思います。

10%法(テンパーセント法)のメリットとは、資金の10%をベット額として賭けていくので、連勝すれば、するほど利益が上がっていきます。 そのため、ハイリターンな攻略法といわれています。

例:連勝の場合

資金10%法ベット額収支
$10010%$10+$10
$11010%$11+$11
$12110%$12+$12
$13310%$13+$13
$14610%$14+$14

10%法(テンパーセント法)のもう一つのメリットは、もし負けた場合ベット額が1資金の10%だけなので、大きな損失額が出ることを防ぐことが出来ます。

もし、連敗している場合も損失額を抑えられるので、ローリスクな攻略法といわれているんです。

連勝にも連敗にも強くて、資金の管理がしやすい攻略法ををお探しの方は、この10%法(テンパーセント法)をお勧めいたします!

でも、メリットがあるなら、デメリットもあるんでは?

10%法の最大デメリットは、勝敗が頻繁に変わったり、交互になっている結果の場合10%法は不利ということです。 

この攻略法は10%しか賭けない、テクニックなため、もし勝敗が五分五分だった場合、利益を大きくするのにも時間が掛かりますし、資金が少しずつ減っていく可能性も大きいです。 

なので、もし勝敗が交互になっている場合、もしくは五分五分の場合タイミングをみてすぐに切り上げることが、大きな損害が出ないようにする一番のポイントです。 

10%法(テンパーセント法)の使い方

10% method

10%法(テンパーセント法)の使い方はとても簡単です。 

資金の10%をベット額として賭けていくだけです。

分かりやすいように、ブラックジャックでこの10%法(テンパーセント法)を使ったゲームの流れを解説していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてください。

【資金が$100の場合】

資金ベット額勝敗収支
1$100$10×-$10
2$90$9×-$19
3$81$9×-$28
4$72$8-$20
5$80$8-$12
6$88$9-$3
7$97$10$7
8$107$11$18
9$118$12$30
10$130$13$43

上記が10%法を使って賭けてみた場合になります。

もし、上記の結果で、10%法を使用しないで、$10固定で賭けていた場合はどうなるか、比較できるように以下を確認ください。

資金ベット額勝敗収支
1$100$10×-$10
2$90$10×-$20
3$80$10×-$30
4$70$10-$20
5$80$10-$10
6$90$10$0
7$100$10$10
8$110$10$20
9$120$10$30
10$130$10$40

$100を資金にした場合で、上記の結果の流れですと、10%法と固定で$10賭けた場合であまり大きな差はございませんが、10%法を使ったほうが、損失を抑えられますし、利益も若干上げることができます。

10%法のデメリットで説明いたしました、五分五分の結果の場合はどうなるのかの例も用意しましたので、ぜひ参考にしてください!

【10%法が向いていない展開】

資金ベット額勝敗収支
1$100$10-$10
2$110$11×-$1
3$99$10$9
4$109$11×-$2
5$98$10$8
6$108$11×-$3
7$97$10$7
8$107$11×-$4
9$96$10$6
10$106$11×-$5

このように、勝ち負けが交互に続いた場合、10%法のはデメリットでしかありません。 

この場合は、ゲームを切り上げるのがベストな判断です。

もしくは、他の攻略法を使用して勝負してみるのも悪くはないと思います。

以上、10%法(テンパーセント法)についての紹介でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *